ベトナムってどうなん?

ベトナム人と家庭を築きながらベトナムを考える

ベトナム女子の美容整形事情

  f:id:dtbh:20181010120027j:plain

整形大国と聞けば韓国が最初に頭に浮かぶ方も多いと思います。日本でもプチ整形などをこっそりとしている人もいると思いますが、韓国のように原型をとどめないぐらい整形している人というのはまだまだ少ないんじゃないでしょうか。

韓国に住んでいる友人から聞いた話では、韓国は美容整形に対して寛容で親も寧ろ子どもの整形を推奨しているようです。親からすると、自分の子どもが親から譲り受けたものをより良くするのは親孝行だと考えるのだとか。日本の「親からもらったものを変えるのは親不孝だ」という考え方の逆をいってますね。もちろん個人差はあるんでしょうけど。

 

さて、ベトナムの整形についてです。ベトナムでも美容整形をしている人はいますが、正式な許可を持っているクリニックでばっちり整形をしようと思うと結構な金がかかります。なのであからさまな整形ができるのは富裕層に限られるので、まずその時点で母数は下がります。(ただベトナムのある銀行では美容整形に関するローンを組めるサービスが先月から始まりました。)

一方目を少し大きくするなどのプチ整形は値段も手ごろでお手軽なので、都会でも広まっているそうです。またそこに対する抵抗もそれほどないのだとか。

 

ところでベトナム人の女性がコンプレックスを抱きやすいのが「鼻」です。ベトナムに限らず東南アジアの女性は鼻が低く、団子鼻の割合が多いので鼻筋の通った高い鼻は憧れの的です。失礼な話、こちらで背の高いスラっとした女性を見かけることも多いですが、「鼻が残念だな…」と思う人は結構います。

 

なのでそんな鼻に憧れて整形をする女性も一定数います。手術直後は鼻の部分にガーゼをあてて外を歩いていますので、見れば「整形中」というのがすぐに分かります。(その辺り、周りの人にそう思われても特に何とも思っていないのが謎ですが)

 

私の嫁の高校の友達で整形をした人がいます。現在のフェイスブックであがっている写真はそれは美人さんなんですが、嫁から見せられた高校の頃の写真を見るとお世辞にも可愛いとは言えない顔でした。あまりにもベトナム人離れしている顔の美人には要注意ですね。