ベトナムってどうなん?

ベトナム人と家庭を築きながらベトナムを考える

そもそもどうやってベトナム人の嫁と出会ったか⑤

そもそもどうやってベトナム人の嫁と出会ったか④の続きですf:id:dtbh:20171111123505j:plain

帰国直前にデートの約束をするもドタキャン。これはもうダメだなと思いました。体調不良とはよくある話です。正直ここで終わりかと思いました。

しかし帰国後もメッセージのやり取りは続きます。そしてベトナムに戻ったら一緒に遊びに行きましょうと。少し半信半疑な感もありましたが、戻ったあとにもう一度約束すると今度はちゃんと遊びに行くことができました。お付きで従妹がいましたが…

 

当時はベトナム語で間を持たせるために本当に四苦八苦しました。デート中の沈黙ほど息苦しいものはありません。今から思えばお付きの従妹はそのときのための保険かつ、一人で遊びに行くのは不安だという嫁の警戒心からなのだったんだろうと思います。とりあえず無事に?デートを終えると、2回目のデートは二人だけで遊びに行くことができました。この時に会話に困ることがなく、お互い楽しめたことが今後の付き合いを一気に加速させることになったんでしょう。

 

その後は週一ペースで遊びに行きつつ、嫁の友達も何人か紹介されながら順調に交際が続きました。私は日本にいたときは恋人がいてもメッセージの交換は毎日行わないスタンスでした。理由は忙しいというのもあったんですが、毎週会うんだから毎日メッセージの交換をする必要がないだろうと。

ベトナムではそんな付き合い方はありえないとのことですので、毎日メッセージの交換をしていました。不思議とそのときは何の苦にもならず、時間が来たらメッセージを送るというのが日課のようになっていたのを覚えています。

 

私はベトナムで3年ほど働いたらまた他国へ行きたいと思っていたのですが、もしかしたら永くベトナムに住むことになるかもしれないなと思い始めたのもこの頃からだったと記憶しています。