ベトナムってどうなん?

ベトナム人と家庭を築きながらベトナムを考える

ベトナムの「ノエル」とは?

クリスマスまで余すところ10日程となりましたが、ベトナムでも日本のように飾り付けを行ったりと、クリスマスらしさを味わうことはできます。こちらではカトリックの数も多く、教会も数多くあることから形だけではない宗教的なクリスマスというのも身近に体験できたりします。

まあ私は日本で親からクリスマスプレゼントを貰えなくなったとき(10歳ぐらい)から、クリスマスに特別な意識もなかったので正直なところあまり興味はありません。しかしベトナム人(特に独身)でもこの日は何をして過ごすかというのは結構重要なそうです。

f:id:dtbh:20171204161835j:plain

ところでベトナム語ではクリスマスのことをgiáng sinhと言いますが、「ノエル」と表現する人もいます。起源はフランス語のようでさすが元フランスの植民地といったところでしょうか。日本人でも少しクリスマスに詳しい方やキリスト教の方なら馴染みのある言葉なのかもしれません。

私はその辺り全然知りませんでしたので、同僚から「ノエルは何をしますか?」と聞かれても意味が全く分かりませんでした。

 

クリスマスがイベントとして定着したのはそれほど古いことではないようですが、ハロウィーンも少しづつベトナムに定着しつつあります。自国の文化に起源がないイベントを楽しむことができるぐらいの余裕が出てきたということでしょう。

ベトナムは祝日の休みこそ少ないですが、祭日というイベントとなるとそこそこあります。しかし会社や学校が休みになるわけではないので、外国人にとってはそれほど実感しにくいという。

 

日本の場合現在の天皇誕生日が23日ということや正月前ということで、クリスマスの時期は比較的浮かれた気分になりやすいですが、旧正月文化のベトナムではそんな要素はありません。特に私のように特別なイベントという意識のない人間にとっては年の瀬を感じることもない、普通の一日に過ぎないのです。

 

嫁はそんな冷めた私に対して

「だったら私をどこかに連れて行って特別な一日にしなさい!」

とのこと。

 

 

とりあえず飯にでも連れて行くことにします。