ベトナムってどうなん?

ベトナム人と家庭を築きながらベトナムを考える

中部ベトナム語にベトナム人嫁が苦戦する

f:id:dtbh:20181118155646j:plain

ベトナム中部の都市ダナン、ホイアンに旅行してきました。この2つの都市+フエを入れれば中部の主要な観光地はほぼ行ったことになりますが、そのレビューは他にも様々なサイトで紹介されていますので割愛します。

 

今回取り上げるのはこの中部の人のベトナム語について。以前の記事でベトナムは地域によって発音などが異なり、特に南部の人のベトナム語は同じベトナム人でも分かりにくいと紹介しました。これまでも中部からハノイに来た人のベトナム語を聞いて、「分かりにくいな」と思ったことは多々ありましたが、そんな人たちもまだハノイに合わせたベトナム語を使っていたんだなぁと今回実感させられました。

 

ホテルの従業員と話すときも私の場合は聞き取るのがかなり大変で、逆に私が話すベトナム語を聞き取らせるのも結構苦労しました。特に外国人でベトナム語は話さないだろうという前提で来られると、間違いなく理解されません。

こんな感じで中部ベトナム語の洗礼を受けた私でしたが、どうやら洗礼を受けたのは隣にいるベトナム人嫁も同じようです。

 

基本嫁と一緒に行動しているときは嫁伝いに要件を伝えることが多いのですが、ホテルの従業員にホテルの各規定について確認させる一幕がありました。私は少し離れたソファーで待っていたのですが、戻ってきた嫁が一言

 

「何て言ってるか分かりにくかったけど、多分こういうことだと思う。。。」

 

同じベトナム人同士じゃないんかいー!!というツッコミは心の中でしておいて、もし違っていたら不安ということもあり、再度私が英語で内容を確認してくることになりました。何のこっちゃ…

 

同じ国の言葉でも発音や使う語彙が違えばそれはもはや外国語になるわけで、中部はその度合いがキツイということになります。なので中部に初めて赴任した日本人が頑張って中部のベトナム語を覚えたとしても、他の地域ではあまり歓迎されない可能性があるので注意が必要かと。現地で知り合った日本人はかれこれ中部に15年住んでいるとのことですが、中部でのベトナム語しか分からないので中部から出たくないと仰ってました。

東京の人が関西弁を理解するというのとはまた違う次元の話です。