ベトナムってどうなん?

ベトナム人と家庭を築きながらベトナムを考える

日越の「味を整える」という概念の違いについて

f:id:dtbh:20181015152059j:plain

日本人同士で話していたときのある奥さんの話。

 

「うちの旦那は料理を食べる前に調味料を振って味を整えようとするの。失礼だわ、ホント…」

 

私もこういう意見は何回か聞いたこともがあるので特に何とも思いません。確かに食べる前にこういうことをされると、暗に味付けを否定されているような気にもなるでしょう。

 

一方ベトナムの家庭ではどうなんだろうと思い、自分自身を振り返ってみるとあることに気付きます。

 

「俺もめっちゃやってるやん(汗)」

 

一瞬あちゃーと思いましたが、よくよく考えてみるとそれほど問題ではないことが分かってきます。

 

もともとベトナム料理は出来上がった料理に対していくつかの調味料を組み合わせて自分の好みの味にして食べるというスタイルです。スープが大事というフォーでさえ、ライムやら酢、唐辛子や胡椒、魚醤まで色々な調味料を自分の裁量で組み合わせて食べます。なので乱暴な言い方をすると食卓に出す料理の味付けはそれほど手の込んだものではなく、むしろ料理の味はその後の自分の調味料のさじ加減で決まるといっても過言ではありません。一般に東南アジアのエスニック料理は辛いと思われ勝ちですが、実際のところベトナム料理はそういった辛さも自分の好みで調整できるものが多いです。(なので当のベトナム人も辛いものが苦手という人は案外多い)

 

もちろん料理の段階での味付けも必要ですが、日本ほど長時間煮込んだり所謂「さしすせそ」にそこまで慎重になる必要もありません。とりあえず魚醤を中心に1~2つぐらいの調味料の分量さえ間違えなければ問題ないでしょう。

 

なので私が家でご飯を食べるときも、嫁はその前提で付け合わせの調味料を食卓に並べますので、冒頭のように食べる前から味を整えたところで不満が出るということはないわけです。ただ無意識のうちにそうすることが普通になってしまっていますので、日本人にご飯を振る舞われたときは少し注意する必要がありそうですね。