ベトナムってどうなん?

ベトナム人と家庭を築きながらベトナムを考える

そもそもどうやってベトナム人の嫁と出会ったか⑦

そもそもどうやってベトナム人の嫁と出会ったか⑥の続きです。

f:id:dtbh:20180307123511j:plain

彼女(今の嫁)の実家に行ったときは結婚を具体的には考えていませんでしたが、その時の話の流れがそれが確定的になり、自分の中でも一つの踏ん切りがついたような気持ちにもなりました。しかしその話で盛り上がっている場の中で嫁の表情は複雑。後で嫁に聞かれます。

 

嫁「こんな話になってるけど、あなたはどう思ってるの?」

 

私「まあ、これはこれでいいんじゃない?」

 

嫁からしたら私から正式なプロポーズを受けるでもなく、勝手に話が進んでいくことに不安と若干の怒りを感じていたようです。まあそれもそうでしょう。普通の女の子なら恋人からプロポーズを受ける時を夢見ている子も多いはず。それが自分は蚊帳の外で勝手に親族同士で話が進んでいくわけですから。さすがに私も申し訳ないと思いました。

 

ただしお互い結婚することに異存はなく、幸いにも日本側の私の親族も歓迎してくれています。まあもともとうちの親族は私がベトナムに住んでいるということでベトナム人と結婚する可能性は大いにあり得ると事前に心構えがあったようで、特に国際結婚することに関する驚きも特になかったようです。

ここからは一気に結婚の準備に向けて書類申請やら式の段取りやらで日々が過ぎていきましたので、正直恋人同士という感覚からまた違う関係に発展したような気分でした。

 

今や結婚生活も少し時がたち、お互いの快適な生活空間を築いていっている段階ですが、これからも出産や子育てなど色々な場面に立ち会うことになりそうです。国際結婚についてはいい話、悪い話どちらも耳にしますが、少なくともお互い不義理なことはせずに家庭を保てるよう努力していきたいと思います。

 

 

【お知らせ】
少し公私共々忙しくなってきたので、今後記事の更新頻度が下がりそうです。また更新した際にはパラっと読んでいただけると幸いです<(_ _)>