ベトナムってどうなん?

ベトナム人と家庭を築きながらベトナムを考える

ビール腹のベトナム人男性について

f:id:dtbh:20181109154740j:plain

ビールを飲むから腹が出る。論理的なようで論理的でもないような肥満理由。中年男性の肥満は日本でもベトナムでもそう変わりません。ベトナムでも30代で家庭を持っているような人で、太鼓腹のパパはたくさんいます。こういう体型になると一気にオジサンに見えてしまうので気を付けたいですね。

 

ベトナムはアジアの中でもビールの消費が多い国で、男性の肥満理由でビールを挙げる声が目立ちます。確かにビールは肥満の助長になりますが、そもそも全体的なカロリーで太ることを考えるとビールだけを悪者にするのもいかがなものかと私のような左党は思うわけです。まあ日本のように糖質フリーのビールとかは皆無なんですが、そもそも糖質とかいう概念がこちらではまだ浸透していません。

 

私はビールよりも寧ろ酒を好むほうなので、付き合いでビールを飲むにしても始めの一杯だけ。そのあとは現地の地酒に切り替えます。ある友人は、

 

「そうやってビールを一杯でセーブするからあなたはスリムなんですね。」

 

と言います。

 

「いやいや、1日で摂取するトータルのカロリーさえ間違えなきゃ30代でそんなに腹は出ないんだよ。」

 

実は私は暴飲暴食できるタイプで、飲み会のときには食べる量を減らしつつ酒は無制限に飲んだり、逆に食べるときに徹するビュッフェなどではリミッターを解除して食べることができます。なので常日頃から一緒に行動している人は私が状況に応じて調整していることを知っているわけですが、そうじゃない人は部分的に「大酒、バカ食い」の光景を目にするので、それで太っていないのが不思議なようです。

 

もちろん身体もできるだけ鍛えるようにはしていますが、状況に応じてセーブする意識が一切なければ間違いなく肥満街道を走っていると思います。因みに〆のラーメンは未だやったことがありません(笑)

 

で、ベトナムの男はその辺りの調整を知らない中年は多いです。健康維持に運動がいいことは知っていても、どんな食生活をすれば太りにくいかなどはあまり知りません。なのでダイエット中だからとおかしをビールを飲まずに炭水化物をドカ食いしているような人に出くわすこともあるわけです。