ベトナムってどうなん?

ベトナム人と家庭を築きながらベトナムを考える

ベトナム人にとって姉さん女房がNGなわけ

f:id:dtbh:20190923190600j:plain

ベトナム人の友人と飲みの席での話です。話半分程度に聞いてもらえればと思いますが、確かに一理あると思ったので記事にしました。

 

ベトナムでも最近の若者は結婚に対する価値観が変化してきていますが、田舎の方へ行くと今でも昔ながらのスタイルで結婚している若者は多いです。ざっくりとですが、

・20歳前後で結婚

・適当な相手がいなかったら親同士で相手を決める

というものがあります。また結婚した以上は子どもを持つことが当たり前という考えがあり、子どもがいなかったら結婚する意味がないというのが一般的な価値観です。なので結婚してから子どもが中々できないと周りから「子どもはまだか」という質問攻めに遭います。未婚の女性であれば「夫はまだいないのか(lấy chồng chưa?)」尋問です。

 

こちらは有名なベトナム人歌手Bích Phương(右から3人目)の歌で、年頃の未婚女性が里帰りする際の憂鬱を歌ったものです。同じ境遇の女性から共感と笑いを買いました。

 

youtu.be

とまあ主に田舎における結婚事情ですが、その友人も田舎出身でして同じような境遇の友人は地元にたくさんいるとのことです。ちなみにそいつはハノイで結婚しており、田舎の煩わしさを逃れるために将来的にも帰郷するつもりはないようです。

 

で、タイトルの理由についてその友人がこんなことを言ってました。

「昔の田舎は子どもが5、6人いるのが普通だったからね。最初の子どもから一番最後の子どもまで10歳以上離れているなんてのも普通だよ。だから単純に奥さんが年上だと10年も時間が経てばおばさんになっちゃうだろ?夫はそんなおばさんを抱く気にはならないから妻はできるだけ若い方がいいと考えるんだ(笑)」

 

つまり子どもを作る期間が仮に10年以上あるとした場合、年上の女をもらうと後半はオバサン化して抱く気が失せる。結果子どもが少なくて夫婦、両親、親戚みんな悲しいということなんだとか。「産めよ増やせよか!」と突っ込みたくもなりますが、田舎の女性はオバサン化が早いので妙に納得できます。

また同じような感覚で男側の両親も年上のお嫁さんとなると、長期的な妊娠の可能性という点で心配する人も多いと聞きます。

 

女性に対して求めるものがある意味ストレート過ぎる気もしますが、子孫繁栄という意味では大事なことかもしれませんね。まあ今となっては子どもの数も2~3人程度で落ち着いてきていますから、そんな風習も徐々に薄くなっていくのではと思われます。