ベトナムってどうなん?

ベトナム人と家庭を築きながらベトナムを考える

ベトナム生ビールの量り売りについて語りたい

生ビールと聞くと普通は店で飲むジョッキのような光景を思い浮かべるかと思います。もちろんベトナムでもそれは変わらないのですが、こちらでは生ビールのテイクアウトというのがあります。

f:id:dtbh:20180605210439j:plain

テイクアウトと言っても紙コップのようなものに1杯いくらというのではなく量り売りです。例えば空のペットボトルを店に持って行って、1.5リットル買って帰るというような感じです。ペットボトルに限らず、灯油を入れるようなポリタンクで買って帰る人もいます。量でいうと5~10リットルぐらいになるわけですが、ポリタンクに酒やビールを入れるのはこちらではよく見る光景です。(因みにリッター100円ぐらいで飲めます。)

 

ところでこの生ビールを持って帰るという文化について少し疑問があります。

「なぜ缶ビールや瓶ビールを買って帰らないんだ???」

 

単純に生ビールのほうがおいしいと言われればそれまでですが、持ち帰って飲むほどそこまで美味しいというものではありません。寧ろぬるくなることを考えると持って帰るメリットはそれほどないように思います。この辺り友人に聞いてみると以下のような返事が返ってきました。

 

「最近は持って帰る人も少なくなりましたけど、田舎で特に年配の人は今でも持って帰る人が多いですね。もともと昔は自宅に冷蔵設備がなかった家もありましたから、冷えたビールを自宅で飲もうと思ったらこのやり方が普通でした。あとペットボルトか、ポリタンクにビールを入れると大勢の人が来たときは入れるのが楽ということもありますね。ゴミも出ませんし。僕らでいうピッチャーでビールを入れるような感覚です。」

 

なるほど。つまり時代と共に生ビールの持ち帰りは衰退していってるわけね。因みに嫁の実家に行った時も時々生ビールのお持ち帰りが出ます。まあベトナムはビールに氷を入れる文化ですから、冷めたところで氷を入れればそれほど温度の意味では気にならないんですけどね。